未分類

新宿の持ち込みバーベキュー

バーベキューといえば肉

幼いころ、豪快に焼かれた紙皿からはみ出んばかりステーキ肉を、これまた豪快に頬張り、肉だけでおなかを満たし満足していた我が家のバーベキュー。

勿論!わたくしの母の事、お魚も、お野菜も忘れず用意していたでしょうが、肉ばかりに気を取られ、覚えておりません、肉の事だけが記憶にございます。

当店近所のスーパーでステーキ肉が大体250gぐらいで600円程でしょうか…

それを人数分用意し、後、カット野菜などを添えるだけで、豪華な腹持ちの良い1品が出来上がります。

これで+アルファーでソーセージやジャガイモ等のお野菜を焼き、食べると費用として大体お一人1000円位でほぼ、満足できるかと思います。

 

家族でバーベキュー!夏の思い出に

2年前亡くなった父と共に過ごした子供の頃の思い出といえば浜辺のバーベキューです。

子供のころ、私は沖縄に住んでいたのですが、父は時々、人のあまり踏み入れていないビーチを見つけては家族を連れて行き、スノーケリング等の海遊びを楽しんだ後、鉄板で焼いた分厚いステーキや魚介を好きなだけ食べさせてくれていました。

異常なほど神経質で几帳面な父が、白い砂浜を汚すことの無いよう気を使いながら食材を焼いていたのが今はとても良い思い出となっています。

 

 

 

バーベキューといえば肉!牛/豚/鳥/猪/馬/鹿/羊… 私はバーベキューでもラムが好き♪

最近は東京でジビエを提供しているお店でも、丁寧に処理された新鮮なお肉を使い、本来その肉が持つ癖を味わいに変えて美味しくいただけるお店が増えてきた。

さすがに調理が難しいだろうと思うのだが、いやいや、丁寧に処理された新鮮なお肉は、そもそもが美味しい。

これをバーベキューで頂いてみるのは如何だろう?

狩人たちのように、豪快にという訳にはいかないが、好きな肉を好きな焼き加減で自分で焼く、、、

都心で出来る場所は限られるが、当店なら問題はない。

焚火の様な仕様の囲炉裏型とでも呼ぶべきだろうか、たき火風焼き場に炭がパチパチと爆ぜる音を聞きながら、好きな肉を好きな焼き加減で焼き、頂く。

東京のど真ん中でこれが味わえるとは何と贅沢なことだろう。

私なら焼き加減はミディアムレア

はじめは少々の荒塩で頂き、次に何でいただこう…

ワサビもいい、柚子胡椒もいい。

先に炭火の中へ投入した新鮮なジャガイモや玉ねぎ、ニンジンなどの野菜を付け合わせとして振る舞えば、食通もうなる一皿の出来上がりである。

単純にワイワイと騒ぐバーベキューもいいが、たまには、大人のバーベキューを楽しんでみてはいかがだろうか。

 

難しいことは考えない!お手軽、新宿バーベキュー

「ふらっと立ち寄る」そんな気軽に行けるお店を何軒かお持ちでしょうか

バーベキューは、そんな「ふらっと」という言葉には程遠いそう思ってはいませんか。

急に決まった飲み会でどこのお店を利用しようかと悩むとき、選択肢の中に「バーベキュー」を含める方は今までは殆どいなかったでしょう。

最近、ご予約のお問い合わせの中に「今日、4人で予約したいんですけど、空いていますか?」という内容の事を当たり前のように聞かれます。

当店では、他にご予約が無く、対応可能であれば当日でもお受けいたしております。

最近は、ご予約が多く、空きがない場合も多いのですが、それでも、出来る限りお受けできるよう対応させて頂いております。